格安航空券を利用する際の注意点とは?

国内を飛行機で旅行をする時に、格安航空券を利用する人が増えております。
しかし、この格安航空券にもいろいろな種類があり、利用する時に注意しなければならない場合があるのです。
それは、最近は少なくなりましたが、街中の金券ショップなど売られている航空会社から出されている優待券です。この航空券を利用して搭乗した場合は、搭乗者が誰であるかがわかりません。
飛行機は、万が一の場合に備えて搭乗者名簿が管理されております。
国際便ではパスポートで入国出国で、氏名と本人の確認がなされていますが、国内便ではこのようなシステムがなく、まして今はキップをかざすか、機械を通過させるだけで搭乗できます。
したがって、本人確認が無いまま飛行機に乗船している状態なのです。
このキップを利用して飛行機に乗る場合は、知り合いや現地到着後に訪問する知人などに、航空会社名と何便の何時に出発して何時に到着するということを連絡しておく必要があるのです。

お得な格安航空券の比較

少しまとまったお休みがとれ、どこかへ行きたいと国内旅行を考える方は多いと思います。交通費はあまりかけずにいつもとは違う日常を過ごしたいという時におススメなのが格安航空券です。
一般的に格安航空券は海外旅行での販売が知られていますが、現在では国内旅行でも多くの種類があり窓口だけでなくインターネットでも簡単に購入することが出来ます。
一般的なチケットとの違いには帰路の変更が難しなるといったことが挙げられますが、そもそもとれる休日が決まっていて旅行の日程は変更することがないという方にはデメリットにはなりません。
安くなる仕組みとしては旅行会社が扱っている団体用のチケットを個人で購入できるようにしたことによって安価に出来るといもので、旅行会社がパッケージツアー用に用意していることが多いため、行き先、利用する航空会社や出発の時期ごとに多くの種類があり自分に合ったものを選ぶことが出来ます。
充実したお休みを国内旅行で過ごす際には、旅行会社4−5社を比較検討し、自分に合った格安航空券を利用することをお奨めします。

Copyright(c) 2011 みんなの格安航空券 All Rights Reserved.